FC2ブログ



6月13日 何の日?

web拍手 by FC2      このエントリーをはてなブックマークに追加

6月13日
今日は何の日


6月13日の記念日


・小さな親切の日
 1963年、「小さな親切」運動本部が発足。その年の東京大学の卒業式の告辞の中で、茅誠司総長が「小さな親切を勇気をもってやってほしい」と言ったことがきっかけとなり、6月13日に茅氏を始めとする8名の提唱者が運動を発足。

・鉄人の日
 1987年、プロ野球広島東洋カープの衣笠祥雄選手が、2131試合連続出場の世界記録を作ったことにちなむ。それまでの記録は、アメリカ大リーグのルー・ゲーリック選手が持っていた。

・FMの日
 「F」がアルファベットの6番目、「M」が13番目であることにちなむ。


6月第2日曜日に設定されている記念日


・花の日、子供の日
今から,約150年前アメリカで、当時社会的に省みられなかった子供たちを集めて、教会が神様が愛してたいせつにされているこの子供たちの最も近い隣人であることをアピールしたことから始まった。


毎月13日に設定されている記念日


・虚空蔵の縁日


毎月第2土曜日に設定されている記念日


・お寺の日
 浄土真宗本願寺派が1993年に制定。


6月13日を含む期間を設定している運動など


・春季における都市緑化推進運動(4月1日~6月30日)
 緑豊かな潤いある生活空間実現のために制定された運動。

・不正大麻・けし撲滅運動(5月1日~6月30日)
 不正栽培、自生している大麻、けしを撲滅するために制定された運動。

・情報通信月間(5月15日~6月15日)
 情報通信月間は、情報通信の普及・振興を図ることを目的に、電気通信市場の自由化が行われた昭和60年に設けられた。

・あやめ月間(5月31日~6月30日)
 毎年6月上旬~下旬に、あやめが咲き、見頃を迎えたそれを楽しむために制定された週間?

・テレコム旬間(6月1日~6月15日)
 電波の日を基に制定された旬間。

・建築文化週間(6月1日~6月19日)
 建築に対する意識を向上させるために制定された週間?

・まちづくり月間(6月1日~6月30日)
 住民の積極的な参画のもとに創意と工夫を活かしたまちづくりを推進することを目的として、昭和58年度から制定された月間。

・環境月間(6月1日~6月30日)
 環境の日を基に制定された月間。

・リウマチ月間(6月1日~6月30日)
 リウマチ性疾患の正しい知識を普及し、疾患征圧を推進するための啓発活動を行うために制定された月間。

・男女雇用機会均等月間(6月1日~6月30日)
 厚生労働省では、男女雇用機会均等法(以下、「均等法」という。)の公布日である昭和60年6月1日を記念して、毎年6月を「男女雇用機会均等月間」と定め、職場における男女の均等な取扱いや女性が活躍する社会の実現を目指して、均等法や「ポジティブ・アクション」への認識・理解を深める各種活動を実施しています。

・就職差別解消促進月間(東京都:6月1日~6月30日)
 就職差別をなくし就職の機会均等を確保するために制定された月間。

・就職差別撤廃月間(大阪府:6月1日~6月30日)
 職差別を解消するために制定された月間

・外国人労働者問題啓発月間(6月1日~6月30日)
 労働条件などルールに則った外国人雇用や高度外国人材の就職促進について、事業主や国民を対象とした集中的な周知・啓発活動を行うために制定された月間。

・来日外国人犯罪対策及び不法滞在・不法就労防止のための活動強化月間(6月1日~6月30日)
 不法滞在・不法就労等の来日外国人犯罪の取締りを強化するために制定された月間。

・暴走族追放強化月間(6月1日~6月30日)
 日本警察庁が中心となって実施している暴走族取り締まり運動。

・二輪車交通事故防止強化月間(6月1日~6月30日)
 多発する二輪車の交通事故と二輪運転者の交通安全意識を高める運動を県民総ぐるみで展開するとともに、暴走族(四輪を含む)追放気運を醸成して暴走族の加入防止と離脱の促進を図るために制定された月間。

・不正改造車排除運動(6月1日~6月30日)
 不正改造についての認知度を高め、車両の安全確保・環境保全を図ることにより、国民の安全・安心の確保を確実に実現するために制定された運動。

・全国設備管理強調月間(6月1日~6月30日)
 公益社団法人日本プラントメンテナンス協会では、1973年より毎年6月を「全国設備管理強調月間」と位置づけ制定された月間。

・全国安全週間準備期間(6月1日~6月30日)
 労働災害防止活動の推進を図り、安全に対する意識と職場の安全活動のより一層の向上に取り組む週間。

・土砂災害防止月間(6月1日~6月30日)
 土砂災害の防止と被害の軽減を目的に、昭和58年より6月を「土砂災害防止月間」と定め、土砂災害防止のために全国統一防災訓練や全国の集いなどさまざまな取り組みを実施しています。

・砂利災害防止月間(6月1日~6月30日)
 通商産業省(現在の経済産業省)が、砂利災害防止の思想の普及、砂利採集業者の自主的な災害防止体制の確立を図ることを目的として制定。

・鉄道妨害防止月間(6月1日~6月30日)
 鉄道の妨害の防止を強化するために制定され他月間。

・農薬危害防止運動(6月1日~6月30日)
 農林水産省と厚生省(現在の厚生労働省)が主唱。農薬による事故防止を呼びかける為に制定。

・国際演劇月(6月1日~6月30日)
 国際演劇協会日本支部が1951年の設立の際に制定。

・地区海洋汚染防止推進運動(6月1日~6月30日)
 海洋汚染の防止ならびに啓蒙活動(海洋汚染発生確認件数及び海上公害関係法令違反の多い海域に重点をおいて、各地区毎に巾広い海洋汚染防止推進運動をするために制定された運動。

・水道ふれあい月間(東京都:6月1日~6月30日)
 東京都水道局が制定。水道週間を基に制定された月間。

・東北の海クリーン作戦(6月1日~6月30日)
 東北の海の美しい海を次の世代に手渡すために制定された運動。

・大阪湾クリーン作戦(6月1日~6月30日)
 大阪湾の美しい海を次の世代に手渡すために制定された運動。

・瀬戸内海・宇和海クリーン作戦(6月1日~6月30日)
 瀬戸内海・宇和海の美しい海を次の世代に手渡すために制定された運動。

・海外安全キャンペーン(6月1日~7月31日)
 日本人が海外で安全に旅行、滞在できるように集中して実施する啓発活動及びその期間。

・危険物安全週間(6月第2週の日曜日から一週間)
 日本で石油類をはじめとする危険物の事業所における自主保安体制の確立を呼びかけるとともに、広く国民の危険物に対する意識の高揚と啓発を図る週間。

・ねずみ・衛生害虫駆除推進月間、ムシナシ月間(6月4日~7月4日)
 日本ペストコントロール協会が主催。六(む)四(し)七(な)四(し)で「虫なし」の語呂合せ。



参考:http://www.7key.jp/




web拍手 by FC2      このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事


おすすめ記事
web拍手 by FC2      このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2014/06/13 00:00 ] 何の日 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matometoday.blog.fc2.com/tb.php/379-fe39fffe